スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日2回目!

今日は、娘が描いた短編小説をご紹介!
     おばあちゃんのいた家

「タロウ、おまえはいい子だね。」
おばあちゃんはいつも、僕をなでて言ってくれる。
「僕も大好きだよ、おばあちゃん。」
言葉は通じないけど、僕は言った。
 ある日、出かけて帰ってきたら、家の前に大勢の人がいた。
「あっ、タロウ。」
全然知らない人が僕の名前を呼んだ。
「タロウのことどうする?捨てるわけにもいかないし…。」
もう一人の人が言った。
 人込みをかき分けたら、おばあちゃんが寝ている。顔にはなぜか、白い布がかけられていた。
「おばあちゃん、起きてよ!」
何回呼んでもおばあちゃんは起きなかった…
おばあちゃんが、どこかへ運ばれて、みんな居なくなった。
 夜になって僕はその家で過ごした。座布団にはかすかにおばあちゃんの香りがした
                                       次回につづく…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミエレ❤

Author:トミエレ❤
38歳

愛娘 りのちゃん17歳

大好きなフラ、わんにゃんなどなど、毎日のちょっとしたことをのせていきます!

リンクフリーです(^O^)ご一報いただけたら嬉しいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お花ギフトお勧め
父の日・ギフト・花束・母の日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。